「日本には反日的な言論の自由はあるが親日的な言論の自由は無い」 田母神氏講演
「日本には反日的な言論の自由はあるが親日的な言論の自由は無い」 田母神氏講演

日本の「侵略戦争」を否定した論文を執筆して航空幕僚長を解任された田母神俊雄氏(60)が、
全国の講演で引っ張りだこになっている。2月の講演回数は計24回にもおよび、3月1日には
米ロサンゼルス在住の日本人に招かれ渡米する。一方、防衛省への配慮から講演を延期する
団体も現れるなど、“田母神人気”は言論タブーの存在も照らし出しているようだ。

「『核兵器を持たない方が安全』と言うのは、日本の政治家だけ」「東京裁判は復讐(ふくしゅう)劇だ」
「(植民地支配を謝罪した)村山談話を踏まえた幹部教育をしたら、自衛隊はつぶれる」

歯に衣着せぬ物言いに、会場から拍手が頻繁にわき起こる。建国記念の日の2月11日、
東京都新宿区の日本青年館で行われた田母神氏の講演会には、定員300人の会場に、
立ち見でも入り切れないほどの聴衆が詰めかけた。主催者によると、用意した700部の
パンフレットはすべてなくなったという。3月1日0時5分配信 産経新聞

・論文内容はともかく行動には意味がある。
・が、変に右寄り思想を煽動して他国人と揉めて、傷害事件など起こしたら
 それを理由に、戦争したがっている国は嬉々として攻めてくるかもしれない。
・その辺はどう考えているのだろうか。

【2chコメンテーター'Sファイルー2ch当該スレよりー】
・タモはちょっと発言が過激だけどさ、戦後の過度な自虐文化がこういう人を目立たせる結果を生んだんだよ。
 戦時中の国際情勢から目を逸らして、負けたから悪いって言うおかしな現実逃避を続けたからこういう意見が出るようになった。

 日本は「国土を広げるため」の外征はしてないよ。
 欧米の馬鹿どもがわざわざ出張って来るから、自分等の家を守るために極東に拠点を置いて、周辺を統治しただけ。
 なんでこれが侵略なんて言われなきゃなんないんだ?

・負けたから悪いってのは現実逃避じゃないだろ。
 冷徹に国際競争の酷薄さを見つめてる。
 自虐史観は日本が負けようがどうしようが悪いと言ってる
 連中だ。

 というか聖戦を侮辱してるとか言って斉藤隆夫が指摘した
 国際情勢の現実から目をそむけたのは軍部だよねぇ~。

・日本には反日的な言論の自由はあるが、親日的な言論の自由はない

 いやマジで
 親日的表現なんて2ちゃんでしか見たことねーわ
 マスゴミ牛耳ってるのが反日ゲリラ組織幹部の在日韓国人だから
 仕方ないのかも知れないけど

・右と左の史観ってコインの裏表なんだよね。
 実は対立してるように見えて同じ史観だったりする。
 それは田母神の作文にも見れる。

 それは何か?歴史の連続性を完全に否定してるってこと。
 つまり日本は敗戦によって全く違う国になったという考え方。

 右から見て戦後的な悪いところ、左から見て戦後的な良いところ
 は実は戦前から日本人は持っていたんだという観点を持つと
 日本の近現代史はとたんに豊かなものになるんだが。

・南京ってアレだね
 ラーべの証言ひとつみてもコロコロ変わるからな
 ラーべは南京安全区の20万人を手を出さなかった日本軍に感謝状を送っているが
 アカヒ報道によるとラーべの証言では「日本軍は5~6万人殺した」とかなってるw

 タモ神の言うコミンテルンで、わかりやすいのはゾルゲの相棒、尾崎秀美
 こいつは朝日新聞記者であったw
[PR]
by r1go | 2009-03-03 11:16 | マスコミ・メディア


<< 治安部隊、抗議の焼身自殺図った... 「人権を口実とした内政干渉に断... >>