入国管理局、長女に在留特別許可を認める「法務省は形式に走りすぎている」と専門家
入国管理局、長女に在留特別許可を認める「法務省は形式に走りすぎている」と専門家

両親と離れ、日本に1人で残ることを決めた13歳のフィリピン人少女、カルデロンのり子さん。
入国管理局は16日、のり子さんに対し「在留特別許可」を正式に認めました。

両親と一緒に日本で暮らしたいと訴えてきた、カルデロンのり子さん。しかし先週金曜日、
一家は13歳ののり子さん1人を日本に残し、両親が帰国することを決めました。

「家族3人でいれるということではないので、うれしい気持ちはありません」(カルデロンのり子さん・今月13日)

“自分たちが帰国しない限り、のり子さんも強制送還される”。子どもの将来のための選択だったと、
両親は語りました。そして、16日・・・

「みなさんのおかげでここまできました。みなさんのおかげです」(父・アランさん)
のり子さんに、在留特別許可が認められました。学校に通うための「特定活動」という資格で、
1年ごとの更新です。学校から帰宅し、結果を聞いたのり子さんは・・・
「本当に3人で日本にいたかった。今でも3人でいたい」(のり子さん)
「最大限の配慮をした」とする入国管理局側ですが、親子を引き離す結果には子どもの権利条約などに
違反する疑いも指摘されています。さらに、こう批判する専門家もいます。

「法務省は形式に走りすぎている」(外国人問題に詳しい 龍谷大学 田中宏教授)

のり子さんの両親は出稼ぎを目的に不法入国しましたが、その後15年以上にわたり、
解体工事の現場などで働き続けてきました。

「とにかく真面目な男だった。汚いところでも、くさいところでも、我々が嫌がる仕事でもやってくれた。
私は感謝しています」(アランさんと働いてきた配管工事業 茂内清さん)

一家が住む埼玉県蕨市の市議会も、家族3人での在留を求める意見書を全会一致で採択。
集まった署名も2万人分を超えました。

「“日本の社会にどこまで溶け込んでいるか”は、(在留特別許可の)判断をする時に決して
軽視してはいけない」(外国人問題に詳しい 龍谷大学 田中宏教授)

両親は来月13日に帰国しますが、フィリピンでの生活の見通しはたっていないといいます。
のり子さんの生活は、日本にいる母親の妹が援助をするとしています。

TBS カルデロンのり子さんに在留特別許可

【2chコメンテーター'Sファイル/2chスレより】

不法入国者がバレないように地域に溶け込もうとするのは当たり前だろ


専門家なら、この一家に特例を与えた後に起こるであろう出来事まで考えろ。
今いる外国人は、不法入国しても日本に住めるという風に解釈するぞ。
それが後に治安悪化につながると考え付かないのか?
専門家といい弁護士といい、今さえよければいいなんて考えやめてくれ。


都合が悪いものは隠匿ですよ、マスゴミは。
偽造旅券にしたいきさつ一切、報道なし。
どこのブローカーなのか一切報道なし。
カルデロン雇ってた会社の社長から、カルデロン雇ったいきさつ一切報道なし。
やみくもに偽造旅券で日本に来ても、そう簡単に働き口なんか見つかる分けない
就労ビザなんか、働き口も決まっていないやつになんか下りないし
ましてや技術も持っていない単純労働者なんかに就労ビザなど下りない。
そんなやつら使用したら、使用した側まで罰金か懲役食らう。
誰かが手引きして働き口までセットしたヤツがいるはず。
ふつう、ジャーナリストがそこのとこ取材しなきゃならないのに
わざとやっていないか、わざとスルーしているよマスゴミども。


法を守らず地域にとけこめば良いなら国籍など無くても良いな。
これは、日本という国家の主権を放棄し秩序の無い国とは呼べない
地域を作ろうとする者達の発言だ。
何故、世界中の国が外国人の出入りを管理しているかさえ解っていない。
管理能力を放棄して国家を運営する事は不可能だな。


また詳しい人が出てきたな。
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/cat_50004181.html
龍谷大学田中宏教授 明らかな嘘の意見書を裁判所に提出 「日本人は朝鮮語を奪ったので朝鮮学校を支援するべき」


いくら自衛隊が強くとも内側からのっとられては意味がない
入管というのは内側からの国防なのである
外国人参政権と合わせて考慮するとこれはありえない


日本国の法律を破れとほざいてるマスコミ関係者や、知識人、弁護士などは
法を守る気はないと公言してるわけだから、警察、公安は外国の組織と関係ある
危険人物、団体なので徹底的にマ-クし、逮捕、国外追放などの罰を与えるべき。
てか、自由の国アメリカでさえ、不法入国者に関しては、厳しいし、出ないと
ちゃんとビザとって日本の法律を守ってきた他国の人に失礼だろう? 戦争中か、
内戦で難民ならわかるが、フィリピンは平和でちゃんとした国だ。法律を
破る人間は特別な理由(戦争、内戦、または、他国のスパイの亡命など)
などがない限り、どこの国でも犯罪であり、強制送還の対象である。
この知識人やマスコミが擁護する、韓国、朝鮮でもりっぱな犯罪だ。不法入国は
まじめはわかるが、犯罪は犯罪。それを擁護する連中は犯罪者の仲間か、韓国
朝鮮、中国の工作員だ。 日本人なら恥をしれ 恥じを!怒


で、不法入国者を働かせてた奴の責任は? 
その辺は、まだキッチリさせれるよね


形式が全てではない
形式にとらわれることは良くない
が、最初から形式を否定して密入国してきた人間を相手に対しては
まず形式を正すことから始めるべきが道理だろ


なんでこうクドイんだ?
はっ…もしや前例を作ろうと必死なわけは…
こういう状況に陥りそうな違法入国家族がたくさんいるっていう事ですか?


変態侮日新聞が必死な理由

・社員の多くが「在日特別入社枠」で採用。
・祖父母が朝鮮半島から日本へ密入国という経歴。
・自分達、在日朝鮮人の9割以上が「強制連行」などではなく、
出稼ぎや朝鮮戦争から逃げ出してきた、日本への
『不法入国者』の子弟という論点を無視した
卑怯極まりない、在日朝鮮人特有の言い訳です。

【変態毎日新聞問題】毎日っていいな(替え歌)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4248819

【変態毎日新聞問題】大きな古時計の替え歌
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3870436


軍事関係では逆の事言い出すんだよね。
法治国家なんだから法律に従うのは当然。
おかしい部分があれば国民の代表である国会議員が変えればいい。
まぁその国会議員が無能だから停滞してるんだけどね。


「国を捨て、不正をしてでも日本に住むと旨みがある」
「娘だけでも日本と縁をつけておくと、後々に有利になる」

 これがカルデロン一家本心だが、これは絶対に言わない。
 マスコミを含め、みんな知ってるくせに誰も言わない。
 そこで日本語しか話せないとか家族が引き裂かれるとか
 あくまでもこれ以外の理由をつけるから論破されてしまう。
 しかし気持ちがおさまらないためか、在日と同様に
 しかたなく日本に住んでやるという印象を与えておくことは忘れない。
 そういう意味では「法務省はカルデロン一家に敗北した」といってよい。


【問題の核心】
「なぜ、マスコミはカルデノン一家を強く擁護するのか?」

朝日、毎日を始めとする海外で嘲笑される日本のマスコミの中には、中国共産党の思惑のもと、
日本という国家を衰えさせよう、究極的には滅ぼそうという思想を持った人たちがいます(本当です)。
ここで、まずカルデノン一家に在留特別許可を与えることにより、
同じような境遇の他の外国人に対しても、前例を与えることができます。
TBSなどでは、以前からやたらとフィリピン人やインド人の家族を取り上げ
在留特別許可を求めてきました。もちろん、今回のように同情を誘うセンセーショナルな方法を駆使してです。
そして、都合のいいことに、カルデノン一家もフィリピン人です。
というのも、実はこのような家族は、やはり「中国人」が断然に多いのです。
つまり、犯罪も多い中国人でなくフィリピン人などのカワイソウな状況を報道することで、
日本人の不法滞在外国人等に係る在留特別許可に対する危機意識が、形骸化されるのです。
簡単に言うと、本音の中国のために、建前としてフィリピン人が利用されているのです。

中国共産党は、日本支配を実現するにあたり、

来たる日本への中国人大量移入を円滑にするため、
日本人の自己防衛意識を奪う戦略に出ています。それを実行しているのが、朝日などのマスコミです。
国籍法問題、外国人参政権問題、移民問題などは全てこの中国の思惑が直接的に絡んでいるのです。
また韓国も、中国との利害が一致する部分で同様の戦略に出ています。

カルデノン一家の報道を見れば、日本のマスコミは既に多くが掌握されていることが窺えます。
カルデノン一家は利用されているにすぎない、在留特別許可がおりて本当に笑うのは中国共産党なのです。
そして長年のテレビによる影響で、無関心で、無気力で、メディアリテラシーのない日本人は、
潜在的な不幸を背負うことになるです。間違いなく個人レベルでも損害を被ることになります。

力づくでマスコミに制裁を与える実行力のない我々は、まずできるだけ多くの人々に、
このことを教えてあげることが大切です。
そして、この報道問題だけでなく、無数あるマスコミの利権構造や理不尽を知って欲しい。
いま日本で癌ともいえる最大問題は、まぎれもなく、マスコミ問題なのです。


■田中宏■

龍大9条の会 講師:田中宏 「日本国憲法と在日外国人」
http://www.asahi-net.or.jp/~dh6n-tnk/ryudai9jo/gakusyuukai060427.html

民団新聞 外国人の参政権問題について、龍谷大学の田中宏教授の解説に耳を傾けた
http://www.mindan.org/shinbun/010411/topic/topic_c.htm

外国人登録法の改正審議に伴う参考人意見(第123回国会 衆議院法務委員会)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/123/0080/12304070080005a.html

永住外国人の地方参政権法案の審議に伴う参考人意見(第150国会 衆議院政治倫理特別委員会)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/007115020001122014.htm

戦後補償ニ法案の審議に伴う参考人意見(第147国会 衆議院内閣委員会)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000214720000517006.htm

入管特例法案の審議に伴う参考人意見(第120国会 衆議院法務委員会)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/120/0080/12004120080010c.html

出入国管理難民認定法の改正審議に伴う参考人意見(第116国会 参議院法務委員会)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/116/1080/11612051080002a.html
[PR]
by r1go | 2009-03-17 09:09 | マスコミ・メディア


<< "地デジの普及進まず... カルデロンのり子「特定活動」資... >>