人気ブログランキング |
日本の韓国統治は公平だった
日本の韓国統治は公平だった

16年五輪の開催候補地視察で、東京を訪れている国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会への説明をした
石原慎太郎都知事は16日夜、都内で記者会見した。

英国人記者から「知事は日本の朝鮮半島への行為を矮小(わいしょう)化しているため開催地に選ばれるべきでは
ないという、韓国での報道を知っているか」と問われ、「ヨーロッパの国によるアジアの植民地統治に比べ、
日本の統治は公平だったと朴大統領(朴正熙(パク・チョンヒ)・韓国元大統領)から聞いた」と述べた。

石原知事は「日本の韓国の統治がすべて正しかったと言った覚えはまったくない」としたうえで、
「日本のやったことはむしろ非常に優しくて公平なものだったということをじかに聞いた」と述べた。

【2ちゃんねるより励ましの言葉抄】
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★30行で分かる!日韓併合の真実! ( ´,_ゝ`)プッ

日本の明治時代に2つのイデオロギーがあった。
①勝海舟の「興亜論」(アジア主義)…「日本は中国や韓国と共に、“東アジア共同体”を作るべき!」
②福沢諭吉の「脱亜論」(脱アジア主義)…「中国や韓国は民度が低いから“東アジア共同体”は不可能!」

勝海舟の『興亜論』に触発されたのが樽井藤吉(社民党の先祖)である。
彼は1885年に『大東合邦論』という論文を書いた。
「興亜論」の具体論であり、当時最大の脅威だったロシアへの対抗論であった。

 「日本はまず、韓国と対等に合邦し、“大東”という国をつくるべし」
 「そして“大東”と中国が同盟し、ロシアを倒すべし」
 「更に東アジアに進軍し、白人からアジアを解放すべし」

…「日韓併合」と「大東亜戦争」のルーツと言われる論文であった。
しかし、その後、日露戦争で日本は単独で勝利する。
日本は1流国になり、『大東合邦論』の価値は薄れた。

ところが、この『大東合邦論』を韓国で利用する人物が現れた。
李容九である。
彼は一進会を率い、日露戦争後に、「日本と韓国は対等合邦するニダ!」という図々しい運動を行なっていた。
(当時、韓国は日本の保護国であり、国家予算の大半を日本が援助していた)

しかし、1909年、韓国のテロリスト安重根により伊藤博文が暗殺される事件が発生した。
昨日まで図々しく「日韓対等合邦ニダ!」と騒いでいた韓国人は恐怖した。

 「に、日本に復讐されるニダ!」
 「もう対等合邦は無理ニダ!植民地にされる前に併合を要請するニダ!」

…こうして、「日韓合邦運動」は一気に「日韓併合運動」へと変質した。
そして1910年…韓国政府が、日本政府に併合を申し込んだのである

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
その英国人記者に

「君たちの国の政府や皇室は
過去に植民地支配した国に対して
どのような謝罪と賠償をしたのかね?」

とでも聞けばいいのに。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
韓国が日本に助けを求めてきたのにね

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
日本の土地収奪の先兵と言われた「東洋拓殖株式会社(東拓)」
しかし実際は・・・

東拓とは、朝鮮の社会では、「朝鮮人にやさしい」というより、「朝鮮人に弱い」会社にすぎなかった。
このことは、1925年の小作争議の事件(宮三面事件)が端的に示している。
なぜなら、朝鮮人の道知事(県知事)の鶴の一声で、いっさいの法を無視して、
1770町の東拓の田畑が没収された。
その上、その小作人たちにこの東拓の土地がほとんど無償で分譲(譲渡)させられた。
つまり、朝鮮人が、上と下からのサンドイッチ攻撃で、日本の企業の土地を「没収」したのである。
全羅南道のこの1770町の田畑は、旧韓国政府から東拓設立時に現物出資された1万1千町の一部であり、
その時は「国有地」であった。東拓は、これらの現物出資の農地に小作人がいる場合、
すべてに耕作権を認めて小作人として雇用した。
だから「宮三面」でも小作人はすべて昔からの村民かその子供たちであった。
東拓は、東拓の資本で、ここに貯水池をつくり揚水機を設置して優良な農地に改造したとき、
この小作人のほぼ全員が「かつて1890年頃までは自分たちの民有地であった」事実をもち出し、
無償譲渡を要求し小作料不払い運動をおこしたのである。
しかし、この1890年頃、租税が払えない村民がこぞって「宮三面」を慶善宮に寄進して自ら小作人となり、
代償として「租税なし」を選択したのである。
1890年の土地所有権の移動は、1908年創立の東拓に責任はない。
しかし張憲植という県知事は「諭告」をもって、問答無用とばかりに、墓田は無償、その他は「破格の条件」で
譲渡せよと東拓に命じたのである。
東拓は朝鮮人の県知事と朝鮮人の小作人からの理不尽な強要に敗北しそれに従った。
朝鮮総督府は見て見ぬふりをして東拓を助けなかった。
日本企業の土地を「収奪」するように、朝鮮には植民地の性格は全くなかった。

歴史を偽造する韓国 徳間書店 中川八洋著

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
アイゴー!ウリは謝罪と賠償を要求するニダァアア!
  日帝支配のせいで半島の人口が2倍に増えて24歳だった平均寿命が30年以上伸びて
      就学習慣や入浴習慣が定着して奴隷が解放されて幼児売春や幼児売買が禁止されて
        家父長制が制限されて家畜扱いだった朝鮮女性に名前がつけられるようになって
   度量衡が統一されて8つあった言語が統合されて標準朝鮮語がつくられて
          鉄道が引かれて物々交換から貨幣経済に転換して
       糞を喰ったり乳を出したりして生活するのが恥ずかしくなってしまったニダァ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
インドを植民地化し、現地人を奴隷化した上に、大戦後の植民地独立戦争を散々、
潰そうとしてきたイギリスに言われる理由はない。
他人のことを言う前に自分たちの先祖がやってきた悪行の後始末をやってから言え!
それさえマトモに出来なかったし、する意思すらなかったくせに!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
どっちが正しいのかは分からんね
この話だって右翼によって捏造されたものかもしれんし
自分は歴史は100%は絶対信じないことにしている

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
だよなあ植民地の人口増やしたなんて日本位だろ。
本国からの持ち出しが多かった植民地政策なんて地球の歴史至上無いんじゃないのか…
植民地なんてのは搾取して取りつくしてポイだろ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
日韓併合における韓国皇帝の勅諭(原漢文)

皇帝、若(ここ)に曰く、朕否徳にして艱大なる業を承け、
臨御以後今日に至るまで、維新政令に関し承図し備試し、
未だ曽て至らずと雖も、由来積弱痼を成し、疲弊極処に至り、
時日間に挽回の施措望み無し。

中夜憂慮善後の策茫然たり。

此に任し支離益甚だしければ、終局に収拾し能わざるに底(いた)らん。
寧ろ大任を人に託し完全なる方法と革新なる功効を奏せいむるに如かず。

故に朕是に於いて瞿然として内に省み廊然として、
自ら断じ、茲に韓国の統治権を従前より親信依り仰したる、
隣国日本皇帝陛下に譲与し、外東洋の平和を強固ならしめ、
内八域の民生を保全ならしめんとす。

惟爾大小臣民は、国勢と時宜を深察し、煩擾するなく各其業に安じ、
日本帝国の文明の新政に服従し、幸福を共受せよ。

朕が今日の此の挙は、爾有衆を忘れたるにあらず、
専ら爾有衆を救い活かせんとする至意に出づ。

爾臣民は朕の此の意を克く体せよ。

隆煕四年八月二十九日

御璽

韓国皇帝から併合頼まれてるやん

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
海外では植民地よりも併合の方が悪いイメージらしいぞ
白豚は植民地政策を正当化したいらしいキムチは併合政策を貶めるのに利用してると予想する
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_02.html

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
あるイギリス人女性の朝鮮大冒険
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=1178
今からほぼ100年前の1907年,
あるイギリス人女性が朝鮮に旅行に行きました。
大韓帝国の時代であり,日本に併合される以前の,
朝鮮王朝最晩年の時期であります。

さて,半島にはどのような世界が広がっていたのでしょうか。

視覚的にも追体験するため,
当時の古写真などを本文に付記してみました。
それでは,めくるめく朝鮮ワールドへの
Virtual trip をお楽しみください。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
事実
「日本人は朝鮮にいいことをたくさんやった」
「日本ののおかげで飯が食えるようになり、知恵がついた朝鮮人が自己嫌悪に
なり 捏造を始めた」
それだけ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
俺は当時の日本は非道の限りを尽くして現地の人を一人残らず消し去ったって聞いたけどな。
今いる現地の人は実は当時の軍が作ったホムンクルス

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
歴史は戦勝国によって作られる、戦勝国の統治・支配を正当化するために
これは歴史学では基本であり前提

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
パクチョンヒが言ったなら、そうだったのだろう。
なにしろ、言ったあと逮捕されたくらいだから、
よほど韓国にとって都合が悪い事実だったに違いない。
by r1go | 2009-04-18 20:19 | 在日侵略


<< 過去を忘れるという大人の合意が... 不法滞在→特別在留資格の中国人... >>