人気ブログランキング |
朝鮮併合は、朝鮮人の王族に頼まれてお情けで併合した
>大日本帝国が韓国併合しようが、強制連行しようが、

朝鮮併合は、朝鮮人の王族に頼まれてお情けで併合した。嘆願書も残っている。仮に李氏朝鮮へ「日本の軍隊の通り道、大陸への自由な往来」を条件に外交決着することもできた。清王朝の支那の振る舞いと同様に、そう委任統治(独立した自治権)で済ませることもできた。そこをお情けで併合し戦艦大和4隻分の工業力をプレゼントした。ハンパない超大規模な植林もした。生粋の朝鮮人の人口も日帝統治30年で2倍になった。読み書きソロバンできるようになった。美しい西洋靴も履けるようになった。太平洋戦争中、強制連行ではなく
皇国民の徴用(合法労役)で245人日本へ連れて6合の米飯を毎日食わせた。朝鮮半島は当時の工業技術で利用可能な天然資源のない土地だ。もしも…、だ。仮に、そんな朝鮮併合さえなければ、大日本帝国は余剰工業力を産業振興、外交、戦力に振り向けられた。226事件の遠因となった雪国、東北地方の飢餓も救済が出来た。戦艦大和4隻、または空母機動艦隊を湯水のようにジャブジャブ増産できた。敗戦後、帰りたい朝鮮人は交通費無料で韓国、北朝鮮へ帰国させた。ほとんどの200万人、それ以上の朝鮮人はカネ目当て、強盗目当ての密航だ。火事場泥棒だ。

★在日の徴用者はたった245人!終戦後75%が帰国!(朝日新聞)

■1959年7月13日 朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg
by r1go | 2010-01-08 20:51 | 社会


<< 「韓国側は“植民地支配への謝罪... 沢幹事長の、訪中・訪韓での&q... >>