人気ブログランキング |
テレビには映らなかったけど元日の小沢邸前には右翼の街宣車と「外国人地方参政権反対」のデモ隊が
テレビには映らなかったけど元日の小沢邸前には右翼の街宣車と「外国人地方参政権反対」のデモ隊が

今度は166人だそうだ。元日、東京・深沢の小沢一郎邸に詰めかけた民主党国会議員の数である。12月の訪中同行議員が143人。これ見よがし、とはこのことだろう。

小沢は不世出の政略家だ。気まぐれで身内を集めたわけではあるまい。新年会の垂訓は「参院選必勝」だった。選挙は7月。過半数を取れば両院で民主党主導が成る。その一点にかける小沢の集中力は見事というほかはないが、「数は力」の誇示に波乱の予感が潜む。

小沢大訪中団は奇観だったが、田中角栄元首相に似たエピソードがある。84年4月16日、田中は、竹下登蔵相(後に首相)の父親の葬儀に出席するため、田中派の70人を含む国会議員約100人を率い、羽田からチャーター機で島根県掛合町(現雲南市)に乗り込んだ。

当時、田中はロッキード裁判1審で実刑判決を受け、控訴中。前年総選挙での大量得票を誇り、検察、マスコミと険しく対立していた。小沢は訴追されていないが、秘書の起訴をめぐって検察、マスコミと対立する立場は田中に通じる。

選挙の洗礼を浴びた議員こそ正しい民意を代表する--。小沢がそう信じ、配下の議員数を誇示して無言のうちに検察、マスコミをけん制しているとしても不思議ではない。

田中がそうだったように、小沢は知略、胆力、経験を兼ね備えた猛将だ。反小沢、非小沢から親小沢に宗旨替えした民主党議員たちは、選挙対策や国会対策を知り抜いた小沢の頼もしさを語ってやまない。

毎日新聞 2010年1月4日 東京朝刊 風知草:「数は力」と嵐の予感=山田孝男

【インターネッツより励ましの言葉】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

NHKの車は現地にあったらしいよね

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

×映らなかった
○映さなかった
◎報道しないようにした
by r1go | 2010-01-13 21:11 | 在日外国人参政権


<< お願いです。子どもを助けてください。 福岡県が「アジア特区」構想 企... >>