民団 「日本の世論の祝福で実現を」→鳩山内閣閣僚ら「全力で」
民団 「日本の世論の祝福で実現を」→鳩山内閣閣僚ら「全力で」

・鳩山首相は12日、首相公邸前で記者団に参政権法案について「(与党内の)理解は得られると思っている」と自信を示したが、これを亀井氏はあっさり否定した。亀井氏は12日の記者会見で「法案提出について民主党から打診はない。国民新党は賛成していない」と語った。理由については「憲法の精神の面からも参政権は慎重に扱うべきだ。参政権が得たい人は帰化すれば済む。帰化しやすくすることを考えればいい」と法案を正面から批判した。

 さらに原口総務相は慎重姿勢を示した。原口氏は会見で「連立政権だから連立3党で意思決定されて初めてわれわれ(総務省)が作業を始める問題」と述べ、法案策定の着手には、反対する国民新党を含む与党3党の合意が必要との認識を示して、推進派との温度差をみせた。また平野官房長官も同日の記者会見で「憲法違反と一部おっしゃる方もいると聞いている」と述べた。

 こうした慎重論をよそに同日昼、東京・内幸町の帝国ホテルで開かれた在日本大韓民国民団中央本部(民団、鄭進団長)新年パーティーは推進一色となった。鄭団長が「今年が地方参政権付与の年となれば、これにまさる喜びはない。通常国会で日本世論の祝福をもって実現されることを切に願います」とあいさつ。韓国の権哲賢駐日大使が「必ず実現するようお願いします」と要請すると、居並ぶ与党幹部から同調の声が続いた。

 民主党の小沢幹事長の代理であいさつした山岡国対委員長は、昨年12月12日のソウルでの李韓国大統領と小沢氏の非公式夕食会合について「そういう(地方参政権の)話がかなり出たとうかがっている」と紹介した上で、「参政権成立に全力で錦の御旗として取り組む」と、通常国会成立を約束した。中井国家公安委員長も「5日の閣議で首相が原口総務相に法案づくりを言った。今国会成立で親善増進を」、社民党党首の福島消費者・少子化担当相も「これからの日韓は共生と協調の百年にしたい」と述べるなど、この問題を一気に決着させよう気勢を挙げた。(抜粋)

【インターネッツより励ましの言葉】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 世論は祝福しません。ダメ、絶対。






つーか、有権者の6割は知らんがな。マスゴミの悪事

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この話題をテレビのニュースで1度も見たことがない

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

けど安易な形だけの帰化も良くないよなー

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

なぜ韓国政府までが強く参政権を要求しているの?なんか大きな
メリットでもあるの?在日のまま参政権与えられるなら帰化せず
韓国民のままいてくれ、その在日経由で間接的に日本の資金を搾取
したい、ってこと?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

>韓国の権哲賢駐日大使が「必ず実現するようお願いします」と要請する

馬鹿野郎、寝言は寝て言え
てめえは韓国政府の外国人だろが
なに内政干渉してんだよ
日本の参政権がほしけりゃ
日本国籍とってから言え カス

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2010 外国人参政権付与 ←今ここ
2011 対馬に在日コリアンが集結
2012 対馬市長に初の在日コリアン当選
2013 対馬が日本国から独立宣言 日本政府が反発
2014 国連が日本に非難決議を事務総長が提案 対馬を国家と認定
2015 韓国が対馬を吸収して韓国領となる

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

内政干渉
外患誘致
違法な選挙協力

スパイ防止法・破防法こそ急ぐべき課題。
朝鮮人など朝鮮という国があるわけだから帰ってもらったらいいんです。
彼らはジプシーじゃないんです、日本のヌルいシステムに巣食う
吸血タカリなんです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

法案の中身自体が論外なのもさることながらやり方が汚すぎる
国益に直結するような重大法案なのに多くの国民から隠すように決めようとしている

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

なんで選挙前には黙っててマニフェストにも無いことには本気なの?
先にマニフェストのものを実現するのがスジだろ?

嘘つき売国党め

特に原口!
てめえは選挙前後で人が変わった
信用に値しない
まるで犯罪人だな
地獄に落ちろ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

内部じゃ日本の事を「 敵国 」と呼んでる連中に
参政権与えるなんて狂気だよ。
そも、「強制連行されて連れて来られた」と大嘘垂れ流してる事すら
謝ろうともしない犯罪者集団じゃないかw
[PR]
by r1go | 2010-01-17 20:42 | 社会


<< 「錦の御旗として実現」「成立で... 外国人地方参政権 反対理由 >>