人気ブログランキング |
電通、中国最大のPR会社と合弁 顧客企業の販促など支援
電通、中国最大のPR会社と合弁 顧客企業の販促など支援

電通グループは17日、中国最大のPR会社「北京藍色光標品牌管理顧問股●(=にんべんに分)有限公司」と合弁で北京にPR事業を手がける新会社を設立すると発表した。中国に進出する日系企業を中心に、イベントなどの多様なPRサービスを提供する。

設立する新会社は「電通藍標」。資本金は1000万元(約1・4億円)で、出資比率は藍色光標が51%、電通が34%、電通パブリックリレーションズ(PR)が15%。

藍色光標は、中国23都市にネットワークを持ち、PR会社としては最大手。中国のPR市場は急成長を続けており、電通のクライアント企業でも中国でのPR活動へのニーズが高まっている。

電通では、クライアント企業にトータルなサービスが提供できるようになるとしている。
3月17日16時37分配信 産経新聞

【インターネッツより励ましの言葉】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

隠す事すら辞めましたか

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

着々売国が進んでますな

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

テレビ広告が完全に中国の傘下に入ったな今まで以上に異様な持ち上げ始めるぞマスコミw





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ついに電通がその正体を現した。
これからも中韓の手先として奮戦してください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

洗脳と捏造が商売なんだから当然の成り行き

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

これで民放は名実共に中華の手下となったわけか

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

何故欧米の広告会社じゃなくて、支那なのかを見るだけで
電通の素性がわかる気がする。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

電通は、いよいよ日本を売る準備ができたんだな。

売国左翼は、色々な動きが一挙に出てきて、同時多発状態。
そこまで焦るのは、半島や中国国内で何か起きてるって事なのか?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦後の電通史では満鉄情報部が電通になったわけだし
広告代理店ではなくただの諜報機関

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

外国人参政権とか
金正日があと3年で死ぬとか
いろいろ条件がそろってきたからね。
何かをやらかすことは確実でしょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

せっかくだから、築地から北京に本社も移転すればいいのに。
ダメな日本は見捨てて、中国で頑張って欲しい、D2さんには。
どーぞ、出て行ってください。お願いします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今度は中流の押し売りが始まるのか
by r1go | 2010-03-21 21:28 | マスコミ・メディア


<< 妊娠4か月の大沢あかね、子供の... 「外国人参政権、参院選があるか... >>