人気ブログランキング |
強行採決の現場にいた記者/サッカーでいうシミュレーションのように見えた・男性議員も触れてなかった
強行採決の現場にいた記者「サッカーでいうシミュレーションのように見えた」「男性議員も触れてなかった」「呆れた」

三宅雪子議員の転倒シーン

 自民党の小泉進次郎衆院議員の猛抗議もむなしく、12日に衆院内閣委員会で国家公務員法改正案が強行採決されました。与野党が紛糾する中、援軍として委員会室に狩り出された民主党の新人、三宅雪子衆院議員がもみ合う中で転倒。履いていたヒールが脱げ、30秒ぐらいうずくまって起き上がれませんでした。
(中略)
 私はこの事故の時に現場におりまして、「ドテッ」と音を立てて倒れるまでの一部始終を見ておりました。私の目で見た限りは、サッカーの試合でいうところのシミュレーションのように見えましたね。審判の目を欺いて相手がファウルしたように装う反則行為。だって甘利さんと三宅さんの間には、他の男性議員が一人いましたよ。もみ合いのようになったけれど、触れているようには見えなかった。

 民主党は「けじめをつけろ」と甘利氏への懲罰を求めているわけですが、これはちょっといかがなものでしょうか。私は国会取材を始めて日が浅いですが、ちょっとこの一件には呆れてしまいましたね。

 進次郎氏は13日の本会議の後「これでけじめをつけろというのなら、民主党の中にはもっと他のことでけじめをつけていない方がどれだけいることか」と憤慨していましたが、まったくその通りでしょう。問題のシーンは動画サイトでも観られるようですから関心のある方はご覧になられてはいかがでしょう。ここではあえて添付しませんが。

 でも、包帯を巻かれた三宅さんの右足が本当に痛そうに見えたのも事実です。打撲ですんだのは不幸中の幸いですね。お大事になさってほしいと思います。

■ソース(スポーツ報知・甲斐毅彦記者の多事放論)
http://weblog.hochi.co.jp/tajihouronn/2010/05/post-88a1.html

【インターネッツより励ましの言葉】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

>でも、包帯を巻かれた三宅さんの右足が本当に痛そうに見えたのも事実です。

マジレスすると、包帯を巻くと痛そうに見えるんだよ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

これを自演って報道しない時点で報道は完全におわっとるな

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

動画見たけど、本当に倒れたって言うなら、あの程度のことでコケるってどんだけ貧弱なんだよと言いたい。大丈夫か身体能力。国会議員なるなら、もっと体力つけとけっ!と言いたい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

国民の血税で国民のために働く国会議員が国民を騙すなんて殺されてもいい覚悟でやってるんだろ革命ごっこ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ネットで何を騒いでも関係ないからな
テレビで自民の凶暴さが強調されれば目的は達成
あとは関係ない

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポーツ紙だから書けた事だな

一般紙なら政治部長が呼び出されてる、下手したら社長が謝罪だろ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

同じ女性として恥ずかしい。
男性と同じ職場にいながら、自分に都合の悪いときに急に
女を出してくる同僚みたい。転倒した後、
立ち上がって甘利さんの胸倉掴むくらいなら多少根性あるな、と思うけど。
翌日車椅子じゃ~ね~w あたり屋といわれても仕様がない。
by r1go | 2010-05-14 13:47 | 社会


<< 日本のパチンコがある限り、我が... 民主、あからさまな強行採決の隠... >>