人気ブログランキング |
日本のパチンコがある限り、我が国は安泰だ
在日朝鮮人とは


日韓併合後、在日朝鮮人は厳しい身分差別から逃れるため、自らの意思で朝鮮半島を脱出して日本に渡ってきました。
日本がポツダム宣言を受け入れると在日たちは「戦勝国民」であると主張し「朝鮮進駐軍」を名乗り各地で暴れ始めました。
日本の男たちは戦場に駆り出され、残っていたのは女、子供、老人ばかり。
朝鮮人たちはやりたい放題で、駅前の一等地は朝鮮人に占領されました。
もちろんそこに住んでいた日本人女性は容赦なくレイプされまくり追放されたのです。

当然日本人は在日を強く憎むようになりました。
そのため在日朝鮮人たちは日本名を名乗るようになりました。
朝鮮名を名乗ることは自分が犯罪者だと宣言しているようなものだからです。
朝鮮人たちは共産主義者と組み、マスコミを使って歴史の捏造を始めました。

「強制連行されて来た」
「土地を奪われて仕方なく来た」等々。

そしてレイプ犯罪を謝罪もせず土地を占拠し続けながら、

「俺たちは何も悪いことをしていないのに差別される」
「不当な差別を受けている」
「謂れなき差別を受けている」等と宣伝しました。

朝鮮進駐軍を知らない世代の日本人は在日に対して罪悪感を持つようになりました。
在日たちは占領した一等地で事業を始めました。
それが「パチンコ」です。
今でもパチンコ業者の8割は在日です。
パチンコは30兆円産業。何と自動車産業よりも規模が大きいのです。
パチンコ業界は脱税と北朝鮮への送金で知られます。
「日本のパチンコがある限り、我が国は安泰だ(金正日)」
日本の政治家にもパチンコの金が流れています。
だから「パチンコ、パチスロはギャンブルではない」等という馬鹿げた論理がまかり通っているのです。
by r1go | 2010-05-15 20:53 | 韓国の侵略


<< 「日本より中国の歴史歪曲のほう... 強行採決の現場にいた記者/サッ... >>