人気ブログランキング |
自国の歴史を知らず中国に対して再び敬服の気持ちを抱くようになった日本人、という捏造
自国の歴史を知らず中国に対して再び敬服の気持ちを抱くようになった日本人/日本語から支那という言葉が消えた

中国網日本語版(チャイナネット)はこのほど、「日本語から支那が消えたのはいつか」とする文章を掲載した。以下はその文章より。

この数年、中国国内の映画やドラマは抗日戦争に関するテーマに重点を置いているが、一部の演出家たちは抗日戦争の時代背景や知識に乏しい。劇中で描かれる日本の侵略者は中国という言葉を口にするが、日本が中国を侵略していた当時の呼称は、軽蔑(けいべつ)の意味を含んだ「支那」だった。

今ごろになってこの「支那」という言葉に触れるのは、日中両国の多くの人がこの言葉をよく知らないためだ。20世紀前半には気概のある中華の男女は、この強烈な国辱の烙印が押された呼称を耳障りに感じて嘆いた。戦前から戦中の日本の出版物では、「支那駐屯軍」「支那派遣軍」「日支関係」「北支治安線」などの言葉が並び、中国という呼称は用いられていない。日本が旧満州を統治していた時に現地の人たちに許されていたのは、「満州人」という呼び方だけだった。

中国が第二次世界大戦の勝利国になってから、日本の出版物で「支那」という言葉は使用禁止になった。呼び名の変化は中国の国際地位の変化を反映し、敗戦後に日本は、「重慶政権」や「支那軍」といった呼び方を「中国政府」や「中国軍隊」に変えた。戦後、東京駐在の軍事代表団が東京に到着した時、あるメディアが「支那」という言葉を使ったため、すぐに戦勝国として同盟国の占領軍に禁止を求めると、米国占領当局は日本政府に命令を出した。

1946年6月6日に日本外務省が各報道機関や出版機関に対して出した、「支那」の呼称を避ける事柄に関する通知は以下の通りだった。「以前に中華民国の国名として使っていた『支那』という言葉は、今日から中国などという呼び名に改めなければならない。中華民国では『支那』という言葉は極度に嫌われている。戦後、中国からの使用停止の要求を考慮し、今後はその原因を詳しく尋ねることなく、一律にこの国が憎悪する名称を使ってはならない」

この通知によって、中国人にとって非常に屈辱的な「支那」という言葉は日本の公開出版物から消えることになる。しかし日常的に言い慣れていた「支那」は依然として使われ続けた。

日本語の話し言葉から「支那」が消えたのは、中華人民共和国の成立後、米国に抗して北朝鮮を援助して勝利を勝ち取ってからのことだ。中国が北朝鮮に出兵し、米国世論が米陸軍史上最大の惨敗と驚いて叫んだ時、米国を極端に崇拝していた日本人は非常に驚いた。

自国の歴史を知らず、中国に対して再び敬服の気持ちを抱くようになった日本人は、「支那」ではなく、中国という言葉を口にするようになった。その後、戦後に生まれ育った日本人のほとんどは、辞書を引かなければ中国のことを「支那」と言っていたことを知らないまでになった。(編集担当:米原裕子)

記事引用元:サーチナ[ 2010/06/10(木) 10:34 配信]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0610&f=politics_0610_002.shtml

【インターネッツより励ましの言葉】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

うるせーから消しただけだろ
支那 ← chinaって言うだけじゃねーか

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

シナチク
支那そば
南シナ海
インドシナ半島

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

>戦前から戦中の日本の出版物では、「支那駐屯軍」「支那派遣軍」
>「日支関係」「北支治安線」などの言葉が並び、 中国という呼称は用いられていない

アホか、中国は戦後できた国だろが・・・・・・・・

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中国としては60年しか歴史がない
それ以前はなんと呼べばいいんだ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

英語ではChina(シナ)と呼ばれても平気なのに支那はダメというダブルスタンダードを馬鹿にしつつも、
他国の象徴を日王と呼ぶ馬鹿な民族と一緒にされたくないので中国って呼んでるだけだよ。

他人が呼ばれて嫌っていうなら空気を読むのが日本人の美徳の一つだし。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

>この数年、中国国内の映画やドラマは抗日戦争に関するテーマに重点を置いているが、

日中友好するつもりなんざサラサラねぇな

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

支那人は他国より自国の歴史を正しく知った方がいいと思うよ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦前に中国なんて国はないよ。
ウソつき支那人が、支那だとウイグルやチベット・モンゴルを
その中に含めることができないので、
支那という言葉を使わせないように圧力かけてただけ。

嘘つき支那人

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

英語・・・・・・China(チャイナ)
オランダ語・・・China(ヒーナ)
フランス語・・・Chine(シーヌ)
イタリア語・・・Cina(チナ)
スペイン語・・・China(チナ)
ポルトガル語・・China(シーナ)
ルーマニア語・・China(シーナ)
チェコ語・・・・Cina(チナ)
ギリシャ語・・・Kiva(キーナ)
ポーランド語・・Chiny(チーニ)
トルコ語・・・・Cin(チン)
マレー語・・・・China(チャイーナ)

日本語・・・・支那(←なぜかシナで変換できない) (# `ハ´)アイヤー日本人けしからんアル!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

支那という呼称に差別の意味はないのでは…
それを言うなら中国は昔から
周辺国や民族を蔑視する漢字を当ててきただろう。
倭国とか鮮卑とか。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中華思想では、日本は東夷=東の蛮族
って意味だし、中国って呼ぶ時点で
日本=東の蛮族 って認めることになる。

正常な思考と知識を持った人間は中国とは呼ばない
今の日本人がマヌケなだけ。

なーにが「Central country」(中央国)だよ、欧米人だってばからしくて呼ばないだろ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

シナは侮蔑語じゃないだろ
インドシナ半島とかもあるんだから
地域の名称としてシナがあった

シナと言ってた頃は今の中国は生まれてなかった
清朝が終わって分裂状態だった
中国が生まれたのは戦後

戦後中国側が日本に「中国と言え」と言って来たから
以来シナじゃなくて中国と呼ぶようになった

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

その言葉を無くなったことにして、無くそうとしたりするのはずるいよね。
そもそも支那って言葉が侮蔑を含んでるからなくなったというのなら、
次は中国人って言葉がなくなるってことだわな。言葉だけ無くしても意味はない。
恥ずべき行動ばかりして拒絶される国民性を何とかしなきゃ意味が無いって
いいかげん気づかなきゃ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

インド → インドシナ ← 支那w

相変わらず、中国人は捏造好きだなw
朝鮮戦争も米国から勝利を勝ち取ったと公然と捏造してるし

支那に軽蔑の意味を加えたのは支那(中国人)自身だと
いまだに気付いていない

日本兵の数百倍いた国民党や共産党の支那兵達が、日本軍と戦わずに
中国で何をしてたのか、中国人はしっかりと自国の歴史を教えてやれよw

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

シナってのはチャイナの当て字でしょ?

戦後におまえらみたいな馬鹿右翼が中共を認めないという意味で使ってたら、
マスゴミの言葉狩りにあっただけだと思われ。

ま、今の中国は知ってて、言ってるんだろうけどね。
大陸では『歴史』なんて時の為政者が作るもの。

それはともかく、今の日本人が一番バカでものを知らないのは事実だと思う。
敬服しているのではなく、隷属しているというのが正しい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ただの言葉狩りだろw
中国に敬服とか意味わからん
あんな侵略の歴史しか無い国なのに
by r1go | 2010-06-11 07:05 | 中国の侵略


<< 精神侵略 蓮舫は、戦争になった時、中国に... >>