人気ブログランキング |
『韓国併合』100年 朝鮮の実情伝える写真展
「統治下の厳しい人権弾圧の模様を生々しく伝えています」 ~『韓国併合』100年 朝鮮の実情伝える写真展

「韓国併合」から100年を受け、日本から植民地支配を受けていた当時の朝鮮の人たちの暮らしをとらえた写真パネル展が30、31日の両日、宇治市の生涯学習センターで開かれています。

宇治市の市民団体「尹東柱(ユンドンジュ)記念碑建立委員会」が、戦前の日韓の歴史を市民に知ってもらおうと企画しました。社団法人大阪国際理解教育研究センターから借り受けた写真パネル70点が展示。日本の侵略に抵抗して捕らえられ公開処刑された数多くの死体、日の丸の旗を持って神社に参拝させられる女性たちの写真などが、統治下の厳しい人権弾圧の模様を生々しく伝えています。

写真:
http://www.kyoto-minpo.net/archives/assets_c/2010/08/20100830-02-thumb-200x150-9703.jpg

記事引用元:京都民報(2010年8月30日 19:00配信)
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2010/08/30/100_33.php

【インターネッツより励ましの言葉】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ついでに統治前の写真も展示したらいいのに

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

本当だよ
統治前の写真を載せないのはどうしてか

中国・韓国ならこんな展示は
売国奴・国賊だと罵られてもおかしくないのに

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★韓国の事情 『惨めな属国だった歴史を隠したい』
 
世界で知られるように、朝鮮はずっと中国の『属国』だった。




記録や物的証拠も国内外に数え切れないほど残っており、留学経験のある朝鮮人にも
自ら属国であったことを認めている者もいる。そもそも韓国の古い国旗にまで
「大清国属(清=中国)」と書いてあったのだから属国だったことは否定しようがない。

しかし韓国は国家レベルで「属国だった過去」を消し去りたかった。
古い国旗が発見された時も、韓国国内のニュースでは「大清国属」という
文字をカットして報道したほどである。
実はこの韓国の感情的問題は「反日」に密接な関係がある。

朝鮮というのは、中国の属国の中でも琉球(現在の沖縄)よりも低い地位だった。
・朝鮮国王は清の皇帝によって任命される。
・朝鮮国王は清の使節をソウル城門まで出迎えなければならない。
・朝鮮国王の地位は、清国の廷臣よりも下。
・朝鮮は清国に細かく定められた貢品を出す以外に、毎年、牛3000頭、
 馬3000頭、各地の美女3000人を選り抜いて貢がなければならない。

朝鮮民族の歴史はあまりにも惨めすぎた。
つまり痛々しすぎて自分たちの過去を振り返るのが苦痛なのである。
それゆえ、独立した後に“民族意識を高めるための愛国教育”と称して、
 『我が国は5000年間一度も他国に支配されたことの無い独立国である』
という“偽りの栄光の歴史”をあたかも真実のように国民に教え込むことにしたのである。

そこで韓国政府は、 まず、政府自ら作った教科書以外を教科書と認めないことにした。

そして「日本が朝鮮を独立させてやったこと」を隠蔽した。
具体的には日清講和条約(下関条約)の第一条の内容を削除したのである。 (略)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

100年前の日本の田舎の写真が混じっていても絶対バレねぇ
つまりこいつらがやってるのはそういうこと
横に101年前の写真を展示してれば拍手してやる

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

少し考えればわかることだが、朝鮮は世界一貧乏だっただけでなく、
技術も資源もなにもなかったのだから日本の力なしに急成長などできる
わけがない。なにもなかったのに借金だけあったから併合を望んだのだ。

木造のあばら家で雑穀を食って風呂に入る習慣も持たない土人のような
生活をしていた韓国が、『たった数十年で』ビルが立ち並ぶ街に住み、
米を主食に清潔な環境で暮らす国際的にも豊かな国のひとつになっている。
ある意味奇跡的ではあるが、それは日本の努力によるものである。

そして日本が敗戦し、併合が終わる。

日本に繁栄させてもらっていた朝鮮半島はすぐに再び貧乏で
騒乱の続く廃墟ばかりの国に逆戻りし、しかも独立後すぐに同族での
殺し合いである朝鮮戦争が勃発し、半島内は困窮を極めた。

ここで朝鮮政府が恐れたこと。それは国民に、
 「日本統治時代の方が良かった…」
と言われてしまうこと。

当時はまだ日本人として生きてきた朝鮮人たちがたくさんいたので、
親日派が現行政府を否定しないとも限らなかったのだ。

それを言われては新しい政府の面子が潰れるだけでは済まない。
反政府勢力が拡大して「国家が転覆してしまう恐れ」があるのである。

そのような尻に火がついた状況においては、本来なら政府が必死の努力で
国力を回復しなければならないはずであるが、本来怠け者の朝鮮政府は
もっと簡単な方法を思いついてしまった。

それが『日本は韓国をボロボロにした悪逆非道の悪魔』という嘘をついて
日本を貶めて韓国国民を洗脳するという方法なのである。
by r1go | 2010-09-03 07:14 | 韓国の侵略


<< 「日本に謝罪する必要はない」「... 「国権剥奪の恥辱を再確認して... >>