人気ブログランキング |
K-POPなんて生ヌルイ!日本マスコミがひた隠す、韓国ドラマ
K-POPなんて生ヌルイ!日本マスコミがひた隠す、韓国ドラマの凄まじい反日ぶり

日本メディアがゴリ押ししている韓国ドラマに今回はスポットを当ててみたいと思う。
韓国ドラマは俗に韓流(はんりゅう)ドラマとも呼ばれ、KBSで放送された『冬のソナタ』が日本でも大ヒット。それを切っ掛けにペ・ヨンジュンブームが巻き起こり、日本の年配を中心とした女性を取り込むのに成功した。

ドラマだけでなく韓国そのものがブームと報道され、日本ではプチ韓国ブームという風潮になってきた。しかし、その背景には広告代理店のゴリ押しがあるという噂もある。

そんな日本でブームになった韓流ドラマや映画だが、とても日本では放送できないものも多く存在する。ヒットしたかどうかは別として反日感情が全面に出ているドラマがあり、そのことには日本のマスコミは一切触れないという不自然さ。今回はそんなドラマを紹介していきたいと思う。

◆テレビドラマ『憤怒の王国』 1992年
 MBCで放映。李朝の末えいが復讐のため天皇を狙撃する。狙撃の場面には、実際の即位の礼の映像が使われていた。この番組に対して日本の外務省が抗議し、国際問題に発展しかけたこともある。1994年日本語版が第三書館より出版された。

◆テレビドラマ『黎明の瞳』1991~1992年
 ヒロインが日本軍により従軍慰安掃として動員されるという設定このドラマでは日本軍に徴兵された朝鮮人兵士が虐待されるシーンや日本軍の兵士が従軍慰安所を利用する場面もお茶の間にそのまま放映され、怒り狂った韓国人が暴動を起こすきっかけとなった。

◆映画『ムクゲの花が咲きました』1995年
 韓国の大続領が、「東京、大阪、名古屋、神戸、京都、この五都市に広島級原爆の五倍の威カがある核爆弾を投下する。東京は広いからその三倍落してやる!」と叫んだ後、実際に投下する。この映画を見て韓国民は「早く日本を滅ぼせ!」と大合唱し、韓国・映画振興公社選定の「良い映画」にも選ばれた。

◆映画『幽霊(ユリョン)』1999年
 韓国の潜水艦が日本に核ミサイルを撃ち込もうとする内容。実際は打ち込まなかったので韓国人に不評だった。この映画は99年度映画興行順位の8位にランクインした。

◆映画『サウラビ』2001年
 日本刀で武装した百済人が日本を開拓して植民地にする内容。製作した監督は、根拠もないのに「歴史的事実を元に製作しました。日本人の祖先は韓国人です」と、海外に宣伝して回った。

◆映画『韓半島』2006年
 映画。南北融和後の近未来、日本との外交戦争が勃発し、日本海上で武力衝突が起きる。公開初期は大ヒットするが、同時期に公開された怪獣映画『グエムル-漢江の怪物-』に押され気味になる。また主要メディアは条件設定に否定的な論調を展開した。日本が明治時代に大韓帝国と結んだ条約(当然、日韓基本条約締結時に失効)を盾に、南北鉄道の利権を奪おうとする、国際常識的にありえない設定が採られた。

これら反日作品はドラマや映画だけでなく、小説や書籍にもなっている。日本でも話題になった漫画『嫌韓流』の韓国版『嫌日流』も存在し、日本に対抗して書かれたものだとされている。以下2つは反日小説となる。

◆皇太子妃拉致事件 (小説)2001年
 某皇太子妃を拉致する小説。

◆百済書記 2002年(小説) 2002年
 某内親王殿下が韓国青年と恋に墜ちるという小説。

前回のK-POP同様に日本のマスコミはこれらを一切取り上げようとしない。では韓国のメディアはどうなのだろうか。先ほど書いた漫画『嫌韓流』は韓国のテレビニュースでも取り上げられるほどだ。その際には日本のアマゾンで1位になったことを取り上げ『日本人はひねくれ者だ」と紹介したそうだ。確かにほかの書籍よりも『嫌韓流』に殺到する日本人は他国で笑いものにされても仕方ないだろう。

しかし、今回紹介した反日ドラマや映画が日本で一切触れられない気持ち悪さ。これはやはり大手広告代理店が絡んでいると言って良いのだろうか。

記者の友達の韓国人は日本大好きで反日感情は全くないという。反日感情を持っているのは一部の者だけなのだろか。

http://getnews.jp/archives/75079

【インターネッツより励ましの弾幕】

これを韓国政府が資金援助して東南アジアや中国モンゴルにコンテンツ輸出してる
だから韓ドラ見てる現地の人は日本への印象が悪化する、いわゆる反日輸出

まあ、韓国が反日であっても、それを知りながらファンを続けるのならかまわない
って言うか、理解できないが、仕方ないけど
日本のメディアがそれを決して触れないようにして、韓流だと騒ぐのだから
その辺はどうにも我慢できないな

電通はもうだめかもわからんね





>◆テレビドラマ『憤怒の王国』 1992年
>MBCで放映。李朝の末えいが復讐のため天皇を狙撃する。
李朝を潰したのは韓国初代大統領の李承晩な。
李王室は日朝併合期間の間は天皇にも直接拝謁できる準皇族扱いを受けていた。

日韓友好(笑)
日本を悪者にして韓国をヒーロー扱い
本当に友好を望むなら相手の悪い面も受け入れないとな
韓国の反日行動の全てを日本で報道したらどれだけの日本人が韓国を嫌いになるのかな?

昔は結構韓国の反日話を取り上げてたのに電通と利権クズマスコミの朝鮮人押し売りが始まってから
竹島の日の反日模様も、日本人大使へのテロ行為も大きく報道されてない気持ち悪さ。
どうでもいい話題で日本人への親近感植え付けはやっても、日本国民が激怒するような事実は一切報道されないw

韓国政府が自国の文化をアジアに浸透、宣伝するために莫大な予算を付けている事は、
韓国ブームが起きる一年前にTBSが番組で暴露していたね。
毎年電通には数百億の宣伝費が韓国政府によって支払われていると言う事実。
電通はこの宣伝費を使い、テレビ局、スポーツ紙、出版社(女性誌)などに
韓国ブームと言う名の「韓国マンセープロパガンダ放送」をさせているのです。
テレビ局や出版社は電通から韓国ブーム宣伝代金として多額なお金をもらっているために「韓国を批判すること」
「韓国ブームが捏造である事」に対して口が裂けても言えない訳であります。
簡単に言ってしまえば「お金を支払っているお客様の悪口は絶対に言えない」が電通、テレビ局、出版社の本音であります。
テレビ局や出版社がもし韓国ブームに対して批判を行った場合、電通から相当なペナルティがかせられます。
それはいわゆる「広告ストライキ」であります。
これを行われてはたまったものではありません。
テレビ局は100%広告代理店経由のスポンサーからの宣伝費で成り立っています。
出版社なども販売利益からも収入がありますが、ほとんど広告費によって安定した収益が見込まれるのです。

>「歴史的事実を元に製作しました。日本人の祖先は韓国人です」
この意見を韓国人が受け入れられるのなら
(自称「歴史上類を見ない残虐行為である植民地化」の)日韓併合って全く問題
ないんじゃね?だって、韓国人が祖先の国が、同じ韓国人が住む土地を一体化しただけだろ?
とは連中は思わないんだろうか

日本の大手利権糞メディアが報道しないから、韓国の本質を知らん無知なアホが多い。
知ってても利権屋は触れないようにしてるけどな 金儲け第一だから。

日本国内の広告宣伝費が減少して、日本国内の大規模イベントがない状況なので、
電通も韓国・中国向けビジネスに必死なのよw
by r1go | 2010-10-28 20:03 | 韓国の侵略


<< 尖閣ビデオ、2時間を6分に編集... OBが絶望するNHKの体質と内... >>