人気ブログランキング |
NHK東京と民放キー局への集中政策
■堺屋メモ1
NHK東京と民放キー局への集中政策

戦後・・・テレビの民間放送局ができたときに官僚の手で「キー局」システムがつくられました。このシステムは世界に類例のない珍しい制度です。

キー局システムとは、キー局だけに全国番組編成権を与えるというものです。それ以外の放送局は、放映権はあっても全国番組編成権がない。従って、大阪,名古屋,札幌,福岡などの準キー局は全国に放送はできるが、それを行うには東京のキー局に「ぜひ全国放送に入れてください」と頼みに行かなければならない。

東京のキー局では地方担当ディレクターに「大阪でつくるのはどんな番組かね」と聞かれる。
「いや、これは若いデザイナーとエンジニアの恋の物語です」などというと、
「そいうものは東京でつくるから。大阪は細腕繁盛記かヤクザものでないとダメだよ。俳優は誰を使うの?」
「今、流行りの浜崎あゆみさんを使います」
「あ、それは東京で使っているから。大阪は吉本の漫才にしなさい」などと、こと細かく干渉します。

私も大阪や名古屋でいくつも番組をつくった経験があります。関西空港を舞台にした「向かい風の朝」というドラマをつくったときでも、関西空港を舞台にしたドラマなのに、東京芝の大阪朝日放送東京支社スタジオで製作することという条件がつきました。

キー局システムは日本の大問題です。BS放送までもがキー局に割り振られたので、ますます東京一極に集中する方向にあります。他の地域、大阪や名古屋からも申請が出ましたが、免許が下りた8チャンネルはすべて東京都になりました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062113791/249-4714104-3364334
by r1go | 2011-02-19 20:17 | マスコミ・メディア


<< 偏向報道、世論誘導 日本のメ... 「公共放送としての使命を理解」... >>