人気ブログランキング |
「残念ながら、近年EU諸国において、多文化主義の旗色は次第に悪くなりつつある」 ~多文化主義の今後
「残念ながら、近年EU諸国において、多文化主義の旗色は次第に悪くなりつつある」 ~多文化主義の今後…斎藤環

■時代の風:多文化主義の今後=精神科医・斎藤環

◇攻撃も辞さぬ積極性を

イギリスは他の欧米諸国と同様に、長らく多文化主義の政策をとっていた。多文化主義(multiculturalism)とは、複数の異質な文化を持つ集団が存在する社会において、どの集団も平等に扱われるべきだとする考え方を指す。

残念ながら、近年EU(ヨーロッパ連合)諸国において、多文化主義の旗色は次第に悪くなりつつある。

2月5日、イギリスのキャメロン首相はドイツでの講演で「イギリスでの多文化主義は失敗した」と述べた。イギリスはこれまで、国民一般の価値観と正反対の行動をとるコミュニティーすらも許容してきた。にもかかわらず、国内の若いイスラム教徒が過激思想に感化されて、テロに走るケースが相次いでいる。彼の発言は、このことを念頭においてのものだ。

キャメロン氏は同じ講演で、異なる価値観を無批判に受け入れる「受動的な寛容社会」ではなく、民主主義や平等、言論の自由、信教の自由といった自由主義的価値観を推進する「積極的で力強い自由主義」を目指すべきだとの考え方を示している。

直後に突然なされたムバラク政権打倒後のエジプト訪問も、民主化と自由主義への流れを推進する意図があったようだ。

この発言の予兆はすでにあった。2010年10月にはドイツのメルケル首相が自党の青年部の会議で「ドイツの多文化主義は完全に失敗した」と発言したのだ。やはりドイツ国内で増大しつつあるイスラム系移民を念頭においてのことである。

これら一連の発言は日本でも報道され、民主党の移民受け入れ政策に批判的な層などからは「そら見たことか」と言わんばかりの声が上がりはじめている。移民などに寛容な政策がどうなるか、その末路を見ろ、というわけだ。

しかし、本当にそうなのだろうか? 移民の増加はともかくとして、キャメロン氏の言う若いイスラム教徒のテロまでもが、本当に多文化主義政策の産物なのだろうか?

キャメロン氏の演説があった翌日、英国紙「オブザーバー」の社説は次のように批判を加えている(2月6日付「オブザーバー」Web版)。
まず、移民に英語を学ばせろというが、一体誰が教えるのか? 政府はついさきごろ、英語教育の予算を大幅にカットしたばかりではないか?

これに限らず、多文化主義政策をきちんと実施するにはコストがかかる。カネをかけずにただ放置するだけでは、分断がいっそう進んでしまうおそれがあるのだ。

「政府はしばしばイスラム共同体と適切な協力関係をうまく築けなかった。その理由は、そもそも『イスラム共同体』なるものが存在せず、あるのは伝統も信仰もばらばらの小集団からなるパッチワークだったためだ。内務省や自治体が社会的結束を促進するための基金をやりくりしようと悪戦苦闘する理由の一つがこれである。不適切な助成金が、分断を推し進めるような団体の手に渡ってしまうことすらありうるのだ」

これに私の解釈をつけ加えれば、異質な文化を尊重しようというのなら、その文化を育む最低限の基盤となるような、一定以上の規模を持つ共同体が必要となるということだろう。単に放任のみでは共同体はまとまらない。
文化的なまとまりを持つ共同体を育むことも、適切な多文化主義政策の一環なのである。

多文化主義といえば、私はいつも05年7月に起きたロンドン同時多発テロを思い出す。その直後、当時ロンドン市長だったケン・リビングストン氏は犯人たちに向けて声明文を発表した。

「君たちは恐れている。ずっと目指してきた、われわれの自由な社会を破壊するという目標がかなわないかもしれないことを。なぜ君たちが失敗するか、それはこういうことだ」

「君たちの卑怯(ひきょう)な攻撃があった後でさえ、地方から、世界中から、人々はロンドンにやってくるだろう」

「自由になるために、自分の選んだ人生を生きるために、自分自身になるために」

「誰もロンドンを目指す人々の流れを止めることはできない。ここでは自由が保証され、人々が調和とともに生きられる。君たちが何をしようと、どれほど人を殺そうと、君たちは敗北するだろう」

この労働党の名物市長は、物議をかもす発言も多かったが、テロ直後になされたこの演説には、一時の感情に流されない説得力があった。
「イスラム」といった言葉を一切使用せず、テロへの直接的な非難も極力抑え、人々を抑圧し自由を奪うシステムへの怒りを表明している。

そう、もはやわれわれは寛容であるために、単に受け身と放任だけでは足りないのかもしれない。自由主義という枠組みのもとで、時には不寛容さへの攻撃をも辞さない積極性において、擁護されるべきもの。そのようなものとしての多文化主義ならば、十分なコストと時間をかけるに値する、と私は考えている。=毎週日曜日に掲載

毎日新聞 2011年2月27日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/opinion/jidainokaze/news/20110227ddm002070071000c.html

【インターネッツより励ましの弾幕】

譲り合うのは日本人同士だけにしとき。
お人好しと図々しい人間が同居したら
損するのは真面目で優しいお人好しの方やで。

残念ながらとかうぜーよ
まずは事実を確実に報道出来るようになってからにしろ

最後まで読めよw
多文化主義やりたいから政府は金出せって言っとるんw





国家ってものがあるんだから当然だろアホ
国家は何の為にあるんだ?
良い国に住みたいから来る人間は屑なんだから当然だよ差別は
嫌なら自分の国を自分が住みやすい国に変える努力をすべき

無理に決まってんじゃん
なんのために国境あるんだよ

そりゃ自分の国で成功してる、あるいは良識的に生きてる人が
移民なんかするわけねーよな

他文化国家はロクな国にならん
宗教、文化、思想、肌の色などで必ず差別が起こる。
さらに殺人に発展する。アメリカがいい例だろ。

自分の生まれた国を出て他所の国で暮らそうなんて無理がある。
日本では都道府県程度でも差別があるってのにw

て、まだ反省してないのかw
こいつらはこりんな。だいたい、拉致問題だって
総連系の在日が協力してるといわれてる。
結局、これもテロだろ。同化しない奴らを
民主党は無償化という形で税金を出して育てるというんだから
狂気の沙汰だよ。朝鮮系でも日本の学校に
通えば、平等なんだから、総連の差別演技にのる必要はないのにね。
まあ、どっちにしろ総連と選挙権を獲得して
乗っ取ろうとする民団は解体しほうがいい。

珍しく批判かと思えば、案の定擁護だったでござる

なんで「残念ながら」なの? 多文化主義が正しいという前提がないと話ができない人なの?

結局は自分がその国で生きることを放棄した出来損ないなんだから
他国に権利を要求すること自体が厚かましいんだよね

だいたい労働力や生産性のために移民を
とか言う奴いるけど、
どうみても社会保障を食い物にされるに
決まってる。今の在日朝鮮人がいい例だろ。
完全に食い物にしてるじゃねえか。
これで参政権なんて与えたら、
組織票で政治屋買収して
やりたい放題になるに決まってる。

「多文化主義は正しい。でもやり方が間違ってるだけなんだ」
こういいたいのだな。
なんか似たような言い訳を聞いたことがあるなあ。

多文化共生より他文化強制って書いた方がしっくりくるよな

日本の場合だと在日に権利を与えたらまずいってことだろ

そもそも何故国が出来、国境が出来たのかを考えるべき。
その存在自体が多文化共生への否定だってことわかってないのか斉藤はw

移民受け入れなんて安い奴隷労働力を獲得するための方便だからな
奴隷が国民と同じ権利を主張し始めたら問題になるのは当然
アメリカみたいにメキシコからの不法入国者を権利を与えずこき使うのが正解

移民流入→コミュニティ誕生→参政権の要求→自治権の要求→独立要求→テロ、内戦。
50年いや100年単位で見て、血みどろの殺し合いを起こす種をまいていると思うけどね。移民政策は。
肉体労働や対価の安い労働の為に、移民を利用しているんだから文化の多様性なんて
いってること自体、まやかしの綺麗ごとだと思うがね。
受入れておいて、都合よく出て行けとは言語道断だ。
国力が衰退しても独自文化と社会を守りたいのか、
移民を入れて労働力を下支えし、国力維持の代償として文化、人種の衝突を受入れるのか
どちらを選びますかね。

なんで少子化対策が多文化バンザイになるんだろな
 
儲かるどころか治安悪化・税収なしで税金投入

就労悪化・第二国家の造営のフルコンボww

にもかかわらず何故擁護??国家破壊主義が人権の皮被ってるだけじゃね
反省するとすれば過度の人口増加は極端な減少を招く、の教訓だな。

イギリス キャメロン首相
「英国での多文化主義は失敗した。」

ドイツ メルケル首相
「ドイツの多文化主義は失敗した。」

フランス サルコジ大統領
「パリ郊外の移民は社会の屑」「ゴロツキ」

日本  
1st Loopy
「国というものがなんだかよくわからない」
「日本は日本人だけのものではない」

2nd Loopy
「思い切って国を開く 平成の売国」
「仮免のオレに決断させるな」


日本国民
「特ア参政権は不要」
「失敗するってわかってたけど、政権交代したら失敗した。」
「移民は間違いなく確実に絶対失敗するのに何言ってんの?」
by r1go | 2011-03-02 11:03 | 在日侵略


<< チャイナタウンと化した公団・公... ■フジテレビの問題放送リスト■... >>