人気ブログランキング |
◆豊臣秀吉が仏教を破壊?◆
<李氏朝鮮時代の仏教弾圧>

▲韓国では、骨董屋を覗くと首のない仏像が売られていることが多い。
李朝の斥仏政策のもとで、仏像の首が切り落とされたからである。
それに今日でも韓国では、平地に仏教の寺がない。
寺をたずねようとしたら、山を奥深く分け入ってゆかねばならない。

▲李朝では代を重ねるごとに、儒教による仏教に対する締めつけが、
いっそう強められるようになった。儒教という怪物が時とともに
大きく成長してゆき、儒教唯一絶対主義といわれる体制が固まっていった。
仏教は目の敵とされた。李朝三代目の国王となった太宗(在位1400年~18年)
の治世になると、仏教にさらに苛酷な弾圧が加えられた。

▲高麗朝が倒れたときには、全国に1万以上も寺があったというのに、
寺の数を242にまで減らし、寺が所有していた土地や、奴婢(ノビ)
と呼ばれた奴隷を没収した。

◆豊臣秀吉が仏教を破壊?◆

韓国を旅すると旅行ガイドに『わが国に古い寺院が少ないのは秀吉軍に
破壊されたためです』と説明されるらしい。
日本人観光客は贖罪意識を感じて居たたまれなくなるようだ。
しかしこれほど明白な歴史歪曲があるだろうか。李氏朝鮮は仏教を大弾圧し、
1万以上あったといわれる寺院は、秀吉軍が朝鮮に入った時にはわずか
36ヵ寺にまで減らされていたのだ。

http://photo.jijisama.org/buddhism.html
by r1go | 2011-05-25 10:09 | 韓国の侵略


<< ・学者なら大丈夫だろうと思って... 日本の教科書、竹島記述は「過激... >>