人気ブログランキング |
地デジTV・チューナーの普及率は49%、国の目標に大差
地デジTV・チューナーの普及率は49%、国の目標に大差

総務省が17日発表した地上デジタル放送(地デジ)に関する緊急調査で、
2009年1月時点の対応テレビやチューナーの世帯普及率は49・1%にとどまり、
目標の約58%はおろか、半数にも達していないことがわかった。

普及率目標との差は約9ポイントと、08年9月時点の約5ポイントよりも拡大した。
急速な景気後退の影響などで、地デジ対応機器の普及のペースが落ちているためとみられる。

総務省は、地デジ完全移行の約3か月前の11年4月までに、
世帯普及率を100%にする目標を掲げている。
残り2年2か月間で半数以上の世帯に普及させなければならないが、
普及の実態と目標の隔たりを早期に縮小する必要がある。

このため総務省は、年度内に地方自治体や放送事業者が参加する推進組織を都道府県単位で設立し、
山間地や離島など地域の実情にあった普及計画を作り、目標達成に向けた対策に力を入れる方針だ。
2月17日23時38分配信 読売新聞

・アンテナ工事の費用がかなりかかるという話。古い家だと20万近く必要と聞く。
・そこには触れないCM。
・画面隅にアナログ文字は、まるで恫喝。
・地デジTV販売におけるBキャスカードによる弊害
…海外メーカーの参入阻止→価格競争による値下げが格段に少ない
  →アメリカ辺りでは日本の三分の一くらいで販売されているものもある。
 …このカードを組み込まなければ、生産コストも下がるという話。
・Bキャスカードの独占禁止法違反の疑い
・ダビング10。孫テープへのデータ移行ができない。保存がきかない。
・いまだ地デジ電波のフォローができていない地域がある。
・建物や気候などの条件でブロックノイズ、画面停止、受信不能が頻繁に起こる。
 アナログでは電波が届いていればノイズが多くてもなんとか像を結んでいたところ、
 デジタルではそれがない。
・チャンネルの切り替えが遅い。
・双方向データシステムの売りは、ほぼ立ち消え状態。
・アナログに比べて良くなった点→画質。実感できるのはそれくらい。
・液晶は動画に弱い。残像処理能力が高くなく、スポーツ鑑賞には向かない。
・使えるTVを捨てて、何十万も出す気になれない。
・それでいてTVを見る時間が一週間トータルで1~2時間程度の自分としては
 コストパフォーマンス的に合わない。
・利権を廃するべき。
 …ダビング10を強行しておきながらDVD-Rや録画機器に著作権補償金を上乗せしようとしている。
  上乗せされているものもある。それならば録画・編集・ダビングはフリーにするべき。
・ダビング10自体、番組録画をする人間は著作権違反を行う、を前提にしているのが気に入らない。
 番組録画したDVDを販売するなどした場合、その個人を特定するシステムを構築すればいい。
 →番組データに録画した機器の情報を内包させる・録画機器には購入時に自分の情報を販売店で
  入力してもらう・その機器及び録画者情報を削除したら番組データ自体が壊れてしまう、
 などの対策が取れないわけではないはず。
・不便になり遊びの要素もなくなった機器に何十万もは出さない。
・そうやってTVへの執着心がなくなっていくからTV番組自体も不信になる。
・TV終了。
by r1go | 2009-02-20 07:37 | 社会


<< パチンコをやめろ 外国人の入境禁止 中国 チベッ... >>