人気ブログランキング |
名古屋アベック輪姦&惨殺、無期の元少年も40歳。
名古屋アベック輪姦&惨殺、無期の元少年も40歳。

正義のかたち:死刑・日米家族の選択/7止 塀の中生活21年の元少年
心に刺さった、母の言葉

岡山刑務所で迎える13度目の冬。所内の工場で、旋盤でトラクターや自動車の部品を加工する日々。
指先のあかぎれから血がにじむ。

名古屋市内の公園で88年2月、少年ら6人が若い男女を襲い殺害したアベック殺人事件で、
リーダー格とされ無期懲役が確定した当時19歳の元少年(40)。「塀の中」での生活は21年になった。
元少年の母(62)は、接見禁止が解け、初めて名古屋少年鑑別所で対面した時の様子を
「未成年だからすぐ帰れるという態度で、アッケラカンとしていた」と振り返る。
そして、89年6月の名古屋地裁判決は死刑。「反省しているとは思えぬ態度が散見された」と、
裁判長は厳しく批判した。

「もうダメだと思う。交通事故にでも遭ったと思って、おれのことはあきらめてくれ」
判決後、面会に来た母に、元少年は、投げやりな言葉をぶつけた。
「ばかなこと言うんじゃない。もしお前が死刑になるというなら、悪いけど、こっちが先に死なせてもらう」
肉体的にも精神的にもボロボロ。それでも苦しさに耐えるのは、お前が生きているから--。
母の言葉が、突き刺さった。

<この時に私は初めて、本当の意味で被害者の方やご遺族の方のお気持ちというものを(略)
自分なりにいろいろと考えることが出来たのです>

元少年が友人にあてた手紙である。
名古屋高裁は96年12月、更生の可能性を認め、無期懲役に減刑した。生と死のはざまで、
奪った命の重さと向き合った。

収容されている部屋の前に咲くアイリスのこと、部屋の中に漂ってくるキンモクセイのにおい--。
昨年、岡山刑務所の息子から届いた手紙に、今までになく、草花のことがつづられていた。
「オジサンになったんかな」。愛知県内に暮らす母は、笑みをこぼした。
仮釈放のことは、考えないようにしている。受刑者の再犯を危惧する声が強まり、容易には実現しないと思う。
事件にかかわった6人のうち4人は出所したが、遺族に謝罪せず示談金もほとんど支払っていないと聞いた。

サラリーマンの夫の退職金で、遺族への示談金を支払い終えた。その夫も、6年前に他界した。
パート勤めの毎日。
「手紙のやり取りができればうれしいという感じです」
06年夏以来、息子には会っていない。

<出口の見えないトンネルの中に入っているようなものです>
無期懲役の受刑者としての心情を、元少年は友人への手紙で記した。
関係者によると、97年の判決確定から30年以上たたなければ仮釈放は難しそうだ。
<どんなに小さな光だとしてもこれからも私はその小さな光をしっかりと見つめて、
焦らずに一歩一歩一生懸命に頑張っていきたいと思います>
確定から30年後の27年。母は81歳になる。長いトンネルを抜けるまで、
元気でいてくれることを祈っている。

アベック殺人
名古屋市の公園で88年2月23日未明、少年ら6人が理容師男性(当時19歳)と理容師見習の
女性(同20歳)を襲い、現金を奪った。2人を車で連れ回し、相次ぎ殺害。無期懲役から
「懲役5年以上10年以下」の刑が確定。(毎日新聞)

AたちはYさんの車のフロントガラスを鉄パイプで割り、YさんとZ子さんを引きずり出した。
鉄パイプや木刀でYさんを暴行。少年3人はZ子さんを輪姦すると宣言。ラリった少女2人は
「やっちゃえやっちゃえ」と手を叩いたという。Z子さんは長時間輪姦・殴打され顔が変形していった。
Z子さんへの暴行には少女2人も荷担し、煙草の火を押しつけたり髪を焼くなどした。
「男はやっちまおう。女は売り飛ばせばいいや。その金で車を修理しよう、それでいいだろ」と言い出した。
反対する者はなかった。Yさんの死体は車のトランクに積み込まれた。
24日、少年たちはZ子さんを連れ、BとCが同居しているアパートに。そこでまたZ子さんは輪姦されている。
「女も殺そう」の結論に。Z子さんは「死ぬ前に彼の顔見たい」と懇願するが…(一部抜粋。Wikipediaにも詳細あり)

・なぜ美談風?
・凄惨な事件の被害者は、抜けるトンネルさえない。
・交通事故に遭ったとでも思って…レイプ強盗殺人を不幸な事故に置き換えるのはどうだろうか。
・母の気持ちや家族の辛さは分かる。分かるが、それをこのように発信してしまうのはよくない。
 メディアの飯の種にされるだけ。母は頑張れ。
・内容・方向性踏まえて、この記事を書いた記者の人間性が疑われる。
by r1go | 2009-02-25 23:54 | 社会


<< 日の丸・君が代を卒業式、入学式... 不法滞在:仮放免期限目前 中1... >>