人気ブログランキング |
「韓国が『竹島=韓国領』とする都合のいい資料に使われるかも」江戸時代の立て札、競売出品へ
「韓国が『竹島=韓国領』とする都合のいい資料に使われるかも」江戸時代の立て札、競売出品へ

「竹島は韓国領」誤解の“根拠” 立て札、競売出品へ

・江戸時代に「竹島」と呼ばれた韓国領の鬱陵(うつりょう)島について、「朝鮮国に属しており、
 渡航を禁じる」との内容が書かれた江戸時代の立て札が、京都市内で3月に開かれる
 オークションに出品されることが26日、分かった。鬱陵島は現在の竹島(韓国名・独島)とは
 異なるが、立て札の記述は韓国側が竹島を自国領と主張する際にたびたび引用されて
 いるという。立て札が韓国に渡る可能性もあり、竹島問題と向き合う島根県の関係者らは、
 成り行きを懸念している。

 立て札は天保8(1837)年に書かれたもので、幅73センチ、縦33センチ。「高田役所」の名があり、
 オークションの主催会社によると、越後高田藩(新潟県上越市)内で掲示された可能性があるという。

 東日本在住の所有者が出品し、最低落札価格は120万円。3月15日に京都市中京区の同社で
 公開入札される。

 鬱陵島を舞台に天保7年、石見浜田藩(島根県浜田市)の商人らが行った密貿易の関係者を
 処罰したことを伝える内容。「竹島」という記述とともに「元禄之度朝鮮国江 御渡ニ相成候
 以来渡海停止候」との記述が読み取れる。

 「元禄之度」とは元禄5(1692)~9年に起きた「竹島一件」と呼ばれる鬱陵島をめぐる日本と
 朝鮮の領有権争い。以降、幕府は同島への渡航を禁じており、立て札は幕府の命を改めて
 掲示したとみられる。

 島根県の竹島問題研究顧問の杉原隆さん(70)は「韓国側が『竹島』と記述された鬱陵島の
 資料を買い集めているという情報もある。立て札が韓国に渡れば自分たちの都合のよい
 資料として使われるだろう」と指摘している。

【2chコメンテーター'Sファイルー2ch当該スレよりー】
・韓国はさっさと裁判にこいよ。
 WW2終了時点での領有権が焦点なんだからこんなん何も関係無いだろ。

・ほっとけばいい。

 ①発見者・発見時が不明で
 ②定住地、生業地となっていない土地
 に対しては
 近世以前の領土認識は領有権とは基本的に無関係。

 1905年の時点で日本帰属が確定してるんだから
 わざわざ向こうの土俵に降りてやる必要は一切ない。

・立札がどうのなんてのに構うのは向こうの論理に乗ることじゃないか。
 この記事よく読めばわかると思うけど
 この物件は、現在の竹島ではなく、鬱陵島に関するものなんだよ。

 そんなものを朝鮮人が事実を捻じ曲げて使おうが、
 奴らの主張の歪さがより顕わになるだけ。
 古地図を勝手に改変してるのと同じだよ。

 言っとくが竹島問題を放っておけって言ってるんじゃないからな!

・この立て札は逆に「日本が他国の領土を尊重する紳士の国」という証明だと思うが
 そんな国が主張する竹島の領有権は間違いなく日本のもの
by r1go | 2009-03-03 21:09 | 在日侵略


<< フィリピン人一家強制退去、法相... 池田大作氏の寄稿を掲載「創価と... >>