人気ブログランキング |
日本の中高生、1日の勉強時間は8時間と中国のほぼ半分「我慢できず切れやすい」実態も
日本の中高生、1日の勉強時間は8時間と中国のほぼ半分「我慢できず切れやすい」実態も

勉強時間 中国の半分なのに日本の高校生8割「きつい」 1日8時間

日本の中高校生の勉強時間は、中国の中高校生のほぼ半分しかないことが24日、
財団法人日本青少年研究所のまとめた調査で分かった。韓国の中高校生と比べても
少なかった。それでも日本の高校生の約8割は学校の勉強が「きつい」と感じており、
学力低下の一端をうかがわせる結果となった。

昨年9~10月、日米中韓の主要都市の中高校生約8300人に対して、生活に関する
意識調査を行った。

日本の中高校生が学校や自宅、塾で勉強する時間は1日当たり平均8時間。
これに対し、中国では約14時間、韓国は約10時間と、大きな差が出た。同様の調査を
行った平成9年と比べると、高校生は1時間、中学生では2時間も勉強時間が短くなっていた。

にもかかわらず、学校の勉強を「きつい」と感じている高校生は77・2%にのぼっており、
4カ国では最も多かった。他の3カ国では4~6割程度にとどまった。

勉強時間は短いのに、就寝時間は遅いという中高校生の実態も明らかになった。
就寝時間が「午前0時以降」という日本の中学生は約35%、高校生に至っては約70%。
一方、米国や中国は中学生で1割、高校生でも2割に満たなかった。

中高校生の約8割が、「よく疲れている」と感じていることも判明した。

また、「自分は駄目な人間だ」と考えている中学生は約5割、高校生では約6割に及び、
他国を大きく引き離している。

規範意識については、平成9年よりも「酒を飲む」「たばこを吸う」という不良行為は
少なくなり、「暴力を振るう」「言葉で人をいじめる」という粗暴な行動が増加傾向にあり、
「我慢できず、切れやすい」という子供たちの実態が浮かんだ。

同研究所では「中韓と比べて、勉強もしていないのに弱音をはいている現在の子供たちの姿が
はっきりとみえた。甘えの気持ちが強いのではないか」と分析している。MSN産経ニュース 2009.2.24 23:55

【2chコメンテーター'Sファイルー2ch当該スレよりー】
・我慢できず、切れやすいのは
 中国人のほうだろ。

・この手の数字は大抵日本が全国平均で中韓が上澄みだけの数字を出してきてるからあてにならん
 むしろそこまで勉強してその程度なんですかプッって感じ

・これは素直に受け止めるべきだな
 あっちの国みたいに日帝の罠とか言ってられん

 学力の低下は事実だし
 マスコミや周りに流されやすい自分で物事を考えられない連中が増えてるのも事実だよ

・小学生~高校で、後の年になるほど勉強量増えるんだろ。
 そもそもそれがおかしいw

 時間の計算(60進法)や分数・小数が理解できていないのに、
 「文系だから必要ない」じゃすまねーだろw

 読み書き計算ぐらいまでは逆にきっちりやって、
 その後はアメリカの高校白書みたいにセックス三昧でいいけどさ。

・たぶん、中国と日本では精神年齢に20歳の差があると思う。
 中国の10歳は日本の30歳なみの精神年齢をしてる。
 これは中国の精神年齢が早熟なのもあるけど、日本人の精神年齢が世界から大きく劣ってる証明でもある。
 戦前の日本人の精神年齢は高かったのだろうけど、今の日本人の場合、明らかに精神年齢が低い。
 三十歳でようやく成人なみといえる。
by r1go | 2009-03-05 23:04 | 教育


<< 「斉唱推進派と反対派の教師たち... 淫行の疑いで北海道警の巡査逮捕... >>